スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[トルコ・ギリシャ旅行] 2日目 イスタンブール→ギリシャ・アテネ

トルコ イスタンブール
9月17日

何時間寝たであろうか、街中に響きわたる大音量のイスラムお経で目が覚める
そうか、俺は海外にいたのか。と改めて認識する俺。
そして昨夜の悪夢が脳内に復活し、うなだれる。

このユースホステルは朝食付きだったので、屋上へ朝食をとりに向かう。
トルコ イスタンブール 屋上
トルコ イスタンブール 海
屋上からの眺め海が見える
トルコ 朝食 バイキング
バイキング形式
一緒に泊まっていたフィリピン人の女性と、一人旅中の日本人男性と同席して朝食をとる。
朝食をとりながら、昨日予約したギリシャ行きの飛行機まで何をするかMと話す。
昨日でだいたいイスタンブール内の観光はしていたので、トルコ風呂へ行くことにした(トルコといえばトルコ風呂だろ!という理由でw
トルコ イスタンブール 電車
トルコ イスタンブール 塔
電車に乗る「歩き方」に書いているらしいトルコ風呂へ向かう
トルコ風呂
トルコ風呂 料金
トルコ風呂屋の前に到着!料金表。45TL(約2,000円)~
トルコ風呂
トルコ風呂
69TL(約3,000円)のコースを選択個室がぐる~っと囲っている
個室で服を脱いでタオル一枚になると、風呂場へ移動する。
最初に真ん中に大きな岩盤が置かれた蒸し風呂のような場所へ連れて行かれる。
そこで岩盤浴のような感じで寝そべる、適度な湿度と温度が気持ちいい。
数分後、巨漢の男がきて垢すりをしてくれた。
*イスラム教国なので、男性の相手は基本的に男性になるらしい・・・残念(´・ω・`)
その後、男が巧みの技でふわふわの泡を作り出し、全身をマッサージしてくれる
(思いっきり叩かれたり、熱いお湯をかけられたり、そのフェイントをかけられたり、お茶目な人たちだった・・・
雑なシャンプーなどが終わったら、もう少し岩に寝そべって、シャワーを浴びてトルコ風呂をあとにした。

風呂に入るとビールが飲みたくなった!
しかし、イスラム教国ということもあり、ビールが飲める店がなかなか見つからない
庶民的なところではダメだろうと思い、観光客が集まるところへ行くとビールが飲めるという看板が!!
トルコ レストラン ビール
トルコ 裏路地
ようやくビールの飲めるお店を発見。外のテラスで頂きます路地を入ったところのお店
トルコ ビール EFES
トルコ ポテト
やってきました!EFESビール!!風呂あがりに飲むビールは至高でしたカリカリのポテトを頂く(^ω^)
トルコ 猫
トルコ ケバブ ヨーグルト
ビールを飲んでいると近寄ってきた猫ちゃんヨーグルトをかけたケバブ。ちょっとクセがあったかな
トルコ ケバブ
トルコ グランドバザール
こっちもケバブ昨日お休みだったグランドバザールへ向かう
トルコ グランドバザール 入り口
グランドバザール
グランドバザール入り口様々な店が並んでいる
グランドバザール 宝石店
グランドバザール GODIVA
宝石店GODIVA
トルコ フレッシュジュース
アタテュルク国際空港
フレッシュジュースを飲むギリシャへ向かうためにアタテュルク国際空港へ
アタテュルク国際空港 飲食店
アタテュルク国際空港 飛行機
ターミナル内飲食店飛行機に乗り込みます
機内 景色
機内食
機内からの景色。う、美し・・・機内食
ギリシャ
ギリシャ 飛行機
ギリシャが見えてきたアテネ国際空港に到着!
ホログラム アテネ国際空港
アテネ国際空港
ホログラム映像。こいつ、動くんだぜ・・・?ちょっと天気が悪い
アテネ国際空港 鉄道
アテネ国際空港 時刻表
電車に乗るために、空港に隣接されている駅へ向かううーん、どれに乗ればいいかさっぱり分からんwww
電車に乗るべく、普通に乗り場へ向かったのだが、なぜか改札がない
もしかして、空港からの乗車は無料なのか?っと思って調べてみると、なんとギリシャの改札は普通に素通りできるらしいのだが、切符を買わずに乗車して、それがバレると60倍もの料金が取られるらしい。
慌てて電車を降りて、切符を買いに向かう。
まったく意味をなさない改札口にある機械に切符を挿入すると時刻が印字される
ギリシャの電車には何回か乗ったが、特に改札口で監視している人はおらず、切符のチェックもなかった。
こんなシステムじゃ無賃乗車している人が大勢いそうだけどなぁ・・・。
ギリシャ 券売機 電車
ギリシャ 改札 刻印機
これが券売機。タッチパネルで操作するまったく気が付かなくて素通りしてしまった改札口。黄色い機械で切符に刻印する
ギリシャ アテネ 路線図
ギリシャ 電車
アテネの線路地図。ギリシャ語はややこしい電車がやってきた
ギリシャ 雨
ギリシャ アテネ 地下鉄
途中で雨が降ってくる乗り換え(文字を見間違えて、反対方向へ行ってしまうw
ギリシャ アテネ 改札 出口
ギリシャ アテネ
改札出口は完全に素通り予約していたユースホステルのある駅に到着!
ギリシャ アテネ 車
ギリシャ アテネ ユースホステル
道脇には車が駐車しまくってるようやくユースホステルに到着
ギリシャ アテネ ユースホステル 眺め
ギリシャ アテネ 車 いっぱい
部屋からの眺めこっちにも車がずらーーー
時間があったので、アテネを少し観光することに。
展望台(リカヴィトスの丘。アテネで一番高いらしい)があるらしく、肉眼でも見えていたので、そこまで歩いていくことにした。

ギリシャ アテネ 遺跡
ギリシャ アテネ タクシー ベンツ
街のど真ん中に遺跡が!タクシーはベンツ!
ギリシャ アテネ 競技場
ギリシャ アテネ 坂道
アテネオリンピックで使われたものらしい坂道を登る。疲れる。。。
ようやく展望台のふもとまで到着し、ロープウェイで登ろうと思ったのだが、タクシーのおっちゃんに「あと1時間くらいは動かないよ」と言われ、確かに時刻表を見てもそうっぽかったので、タクシーで上まで行くことにした。
(後に分かったことだが、このロープウェイは時刻表を完全に無視して運行しており、人がある程度揃うと動かすらしい。
なので、結果としてタクシーのおっちゃんに騙されたということにw

ギリシャ アテネ リカヴィトスの丘 中腹
アテネ ギリシャ リカヴィトスの丘
リカヴィトスの丘の中腹リカヴィトスの丘頂上
ギリシャ アテネ 夜景
ギリシャ アテネ 夜景 パルテノン神殿
夜景が美しい・・・まさに1000000ユーロの夜景や!(パルテノン神殿も見える
ギリシャ アテネ 夜景 最高
アテネ ギリシャ リカヴィトスの丘 ゴンドラ
最高だなぁ( ´ー`)帰りはゴンドラで降りる
帰りはホテルの近くまでタクシーに乗ることにした。
しかし、GPSで位置を確認しながら乗っていると、明らかに違う方へ向かっている・・・
運転手に注意しても「こっちであってるんだよ!」っと聞く耳をもたず
もう降りようと思った時、タクシーが停車して「ここのレストランがお勧めなんだ」とすぐ前のレストランを指さす運転手。
「さっさとこのホテルへ戻れっ!!」と一喝し、どうにかホテル近くへ着くことができた(料金は普通に移動距離分とられたが・・・。

近くにレストラン街があるみたいなので、そこで夕食をすませることに。

ギリシャ アテネ レストラン
ギリシャ アテネ レストラン 日本語
レストラン街日本語が!!w
ギリシャ アテネ 水
ギリシャ トマト チーズ サラダ
適当な店に入ることにトマトとチーズのサラダ
ギリシャ ワイン
ギリシャ たこ
ワインたこ
ギリシャ ムール貝
ギリシャ 魚
ムール貝。暗くて申し訳ないwおさかなさん
ギリシャ バー
有名なバー。色とりどりのお酒が美しい。
ギリシャ ウーゾ 酒
ギリシャ ワッフル スイーツ
ウーゾというギリシャを代表するお酒を飲む。口に合わなかったwwwせっかくなので、ワッフルを食す(^ω^)
明日からは船でエーゲ海を進んで、どこかの島で一泊
そして明後日はそのまま船でトルコへ入国しようと予定していた。
*トルコで組んだツアーで二日後のホテルがトルコ・で既に予約されていた。
つまり二日後の夜までにはトルコ・に着かなければいけないというタイムリミットがあった。

そこで、俺たちは店員にギリシャからトルコへ船で入国できるかと聞いた。すると
「うーん、それは無理じゃないかなぁ。そんな行き方は聞いたことないし、飛行機で行ったほうがいいよ」と言われてしまった。
これは不味い。かなり不味い。
明日はとりあえずエーゲ海の島へ行こうとしていたので、仮に飛行機でトルコ入りするとなれば、どこかの島で一泊した後すぐにアテネへ戻って飛行機でトルコへ戻らなければならない
この移動時間は結構なロスとなってしまう
とんだ制約ができたものだと頭を悩ませながら、とりあえず明日、港へ行ってから考えようということになった。


↓紹介しきれなかった写真をGoogle+で公開しています!
【Google+】 [トルコ・ギリシャ旅行] 2日目 トルコ・イスタンブール→ギリシャ・アテネ



[トルコ・ギリシャ旅行]
0日目 日本→トルコ・イスタンブール
1日目 イスタンブール観光
1日目 クラブで詐欺られるの巻
● 2日目 イスタンブール→ギリシャ・アテネ(今、表示している記事)
3日目 アテネ観光→ピレウス→エギナ島
4日目 サモス島・ピタゴリオ→トルコ・セルジュク
5日目 トルコ・エフェス観光
6日目 カッパドキア観光 レッドツアー
7日目 カッパドキア観光 気球→グリーンツアー
8~9日目 イスタンブール→帰国
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

The Focus

The Focus
http://www.h-aoi.com/



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。