スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[トルコ・ギリシャ旅行] 3日目 アテネ観光→ピレウス→エギナ島

ギリシャ アテネ パルテノン神殿
9月18日

宿泊したユースホステルは6人部屋で、俺たち二人以外は女3人男1人の1グループらしかった。
ハーレムかよと悔しさを溢れ出しながら、俺たちは出発をする仕度をした(朝食はついてなかった。
すると、一人の女性(確かアルゼンチン出身と言っていた)が話しかけてきたので、少しおしゃべりすることに。
そこで、ギリシャから船でトルコに入国できるか知ってる?と聞くと「うーん、無理じゃないかしら┐(´д`)┌」と言われてしまった。
うーむ、これはいよいよ雲行きが怪しくなってきたぞ
*明日の夜までにホテルの予約をしてあるトルコ・セルジュクまで着かなければならない

とりあえず、せっかくアテネへ来たのでパルテノン神殿へ行くことにした。
ギリシャ アテネ
ギリシャ アテネ 馬
歩いてパルテノン神殿まで向かう。今日も天気が良いお馬さん
ギリシャ アテネ 犬
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 丘 登る 徒歩
犬。そこら中にいた丘を徒歩で登っていきます
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 人 多い
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 入り口
朝だというのに、観光客でいっぱい門?をくぐりぬけます
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 改装
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 首のない 像
でましたパルテノン神殿!って改装中かいっ!首のない像
ギリシャ パルテノン神殿
パルテノン神殿
ぐる~っと回ると・・・おぉ!よく見る角度だ!!!www
パルテノン神殿 美しい
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 風景
美しい・・・( ´ー`)昨日行ったリカヴィトスの丘が見える(右上
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 国旗
アテネ パルテノン神殿
ギリシャ国旗どーん!
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 その他
ギリシャ アテネ パルテノン神殿 ごつごつ
他にも小さい遺跡とかがあります塀の跡?
パルテノン神殿 ギリシャ アテネ
パルテノン神殿 アテネ ギリシャ
十分ぱるてのん出来たので、帰ることに帰りの風景も美しい( ´ー`)
アテネ ギリシャ レモネード
フローズン レモネード ギリシャ アテネ
他の人が飲んでて美味しそうだったので、俺もフローズン・レモネードを頼むひんやりさっぱりしてて美味い!
ギリシャ アテネ トロッコ
アテネ ギリシャ 駅
トロッコが走ってる駅へ向かいます
ギリシャ アテネ 券売機
ギリシャ 電車 落書き
ボロい券売機落書きだらけの電車
港町ピレウスへ到着。
すぐさま観光案内所へ行き、船でトルコまで行けるかと聞くと、本日夕方から出発の船で一泊をして、朝にギリシャ端の島へ到着し、そこからまた船でトルコへ入国できるとのこと!
これにはMも思わずガッツポーズ!
一時は飛行機でトルコ入りをしなければならないと思ったが
まさかの宿泊先も決まり、寝ている間にトルコに一気に近づけるというまさに理想的なルートだった
(現地の人ですら知らないルートだったから、あんまりポピュラーではないのかもしれない

この時点でまだ11時ころだったので、ついでに近くのエギナ島への往復チケットもゲットした。

安心しておなかが空いたので、朝食兼昼食をとることにした。

ギリシャ ピレウス
ギリシャ ピレウス 市場
ピレウス。のどかな港町ピレウスの魚市場
ギリシャ ピレウス ビール
ギリシャ ピレウス ポテト
無事にトルコ行きが決まったので、ギリシャのMythosビールで乾杯!ポテト
ギリシャ ピレウス フィッシュ フライ
ギリシャ ピレウス パン
何かのフィッシュ・フライパンが美味い!オリーブオイルをかけて頂きます
ギリシャ ピレウス 港
ギリシャ ピレウス 船
エギナ島へ向かうため港へ。どの船だ~??あせあせしながら、ようやく船を発見!
ギリシャ ピレウス 船 内部
ギリシャ ピレウス 海
船の内部はこんな感じ。それなりに揺れます海を駆け抜けます!
ギリシャ エギナ島
エギナ島に到着!
これがエーゲ海の島か・・・美しい、美しすぎる・・・!

ギリシャ エギナ島 海 綺麗
ギリシャ エギナ島 建物
海がきれいすぎるwww建物のデザインも良い
エギナ島 建物
エギナ島 ギリシャ 路地
まさにヨーロッパの島って感じ路地を適当に進みます
ギリシャ エギナ島 教会
ギリシャ エギナ島 教会 内部
教会を発見教会の内部
エギナ島 教会
エギナ島 路地
結構立派な教会だなぁ裏路地なのに、なんでこんなに美しいんだろ
エギナ島 apple android
エギナ島 カフェ レストラン
お店で見つけたAppleとAndroidの・・・wwwwwww 店員のおばさん曰わく「これは私の息子がデザインしたの! この欠けている所がエギナ島の形になってるのよ! 決してコピーではないわ!」だそうだwwww海辺にはレストランやカフェがずらーーっと並んでいる
エギナ島 猫
エギナ島
エギナ島のにゃんこボートがずらーーっ!果物を売っている店もあった
エギナ島 ミートボール たこ
エギナ島 ムール貝
有名らしいミートボールとタコを食すムール貝
エギナ島 水
ギリシャ エギナ島 会計
水、いわゆるνερόごちそうさまでした
エギナ島 ギリシャ 釣り
ギリシャ エギナ島 アイス
釣具店が結構あったご当地アイスを食す
ギリシャ エギナ島 果物店
ギリシャ エギナ島 紅茶
果物屋さんペットボトル飲料を飲む。甘かったww
ギリシャ エギナ島 給水器
エギナ島 美しい
ヨットの給水器?いたるところにあった( ´ー`)
エギナ島 港
ギリシャ エギナ島 港
天気は終始良かった船でピレウスに戻ります
ピレウスに到着後、少し時間があったので、カフェで一服。
さーってそろそろ船へ向かうかと、船着き場の方へ行く。
しかし、思ったより船着き場は広く、目的のゲートは結構遠いっぽい。
これはヤバイと走っていると、船着き場を回る無料のシャトルバスが!
これはシメたと思い急いで乗り込む。
目的のゲート近くまで来たようなので下車したのだが、どの船に乗り込めばいいのかが分からない!!(大きな船が多くて・・・
後3分で出発してしまう・・・やばい!!
近くのチケット売場の人に聞こうとも、そこには人の列が・・・。
後2分・・・!!
通りすがりの人に聞いたが、分からんって言われてしまった。
後1分・・・!!!!!!
やばいよぉ、やばいよおおおおおお!!!
プーーーーーー!
うわああああああああああああああああああああ!!!


焦りまくって走りまくる二人。
大きな船の前でチケットをチェックしている人がいたので、チケットを見せるとどうやらこの船のようだった!
さっそく乗り込む二人、まさに間一髪である。
しかし、それは定刻でのお話。実際は40分も遅延して出発しましたとさ。日本の時間に正確な発車を基準にしたらダメだねw

船に乗る込むと、とりあえず寝る場所を確保することにした。
どうやらこのチケットでは部屋とかは用意されておらず、堅い椅子か床で寝なければいけないみたいだった。
そろそろ携帯やチャージ用のバッテリーの電池すらも無くなってきていたので、どうにか充電したかったのだが、コンセントは既に確保され済みであった。
写真はすべて携帯で撮影していたので、これはヤバイなぁと思いつつ、こんなとこで寝るのかよと、ちょっと客船の旅の期待を裏切られた感じだった。

とりあえずデッキへ出て、まだ出発しないのかよ余裕だったなーっと潮風に当たっていると
「個室のご用意ができるチケットのアップグレードを承っております。ご希望の方はロビーまでお越しください」
というアナウンスが!!(俺はまったく気が付かなかったがwwwww
さっそくロビーへ行き40ユーロでアップグレード!!
この度、この旅初の個室をゲットしたのであった!

ギリシャ ピレウス 客船
ギリシャ ピレウス 出港
出港までしまし待つ40分くらい遅延して出港
ギリシャ 豪華客船
船
豪華客船。いつかこんなのに乗ってみたい・・・さよならピレウス
ギリシャ 夕日
ギリシャ
夕日陸地が遠ざかる~
ギリシャ 船 夕日
船 デッキ
神々しい・・・船には展望(屋上)デッキの他に、側面に椅子や机がある
船 部屋
船 部屋 コンセント
部屋はこんな感じコンセントが上の方に付いていたので、ベッドのハシゴを利用してなんとか充電を行うww
船 全体図
船 ロビー
船の全体図。かなりでかいロビー。ホテルみたい
船 食堂
船 犬
食堂ももちろんありますデッキに繋がれていたワンちゃん。毛並みがもふもふだったw
部屋にはシャワーが付いていたのだが、物凄く冷たかったww
(最初はひねる場所が違うのかな?っと思ってもう片方の蛇口をひねったら、さらに冷たかったwww
しかし、初の個室ということもあり、かなり快適でした。


↓紹介しきれなかった写真をGoogle+で公開しています!
【Google+】 [トルコ・ギリシャ旅行] 3日目 アテネ観光→ピレウス→エギナ島



[トルコ・ギリシャ旅行]
0日目 日本→トルコ・イスタンブール
1日目 イスタンブール観光
1日目 クラブで詐欺られるの巻
2日目 イスタンブール→ギリシャ・アテネ
● 3日目 アテネ観光→ピレウス→エギナ島(今、表示している記事)
4日目 サモス島・ピタゴリオ→トルコ・セルジュク
5日目 トルコ・エフェス観光
6日目 カッパドキア観光 レッドツアー
7日目 カッパドキア観光 気球→グリーンツアー
8~9日目 イスタンブール→帰国
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

The Focus

The Focus
http://www.h-aoi.com/



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。